2008年 06月 22日
オランダはオランダ
ロシアはよく組織化されていたし、運動量も多かった。
オランダの完敗としか言いようがない試合だった。
今大会のオランダについて肯定的な意見を語る人が多かったが、
得点シーンとスコアに隠れて不安要素もたくさんあった。
カウンター以外で点が取れていなかったこと。
中盤の底で試合をコントロールできる選手がいないこと。
サイド攻撃を仕掛けられる選手がロッベンしかいないこと。
ディフェンダーが並なレベルにしかないこと。
ここら辺りが一気に露呈した試合だったと思う。
そして混乱に陥るいつものオランダ。
悩ましい・・・
[PR]

by m-hro_pol | 2008-06-22 23:11


<< ヒラマサ      仙台出張 >>